理学療法士の就職先

理学療法士としての資格を生かせる職場はたくさんありますが、代表的なのは病院でしょう。 そのほかには診療所や開業医、身体障害者施設、また介護老人保健施設などがあります。 さらには、児童福祉施設やスポーツ施設でも需要が高まっており、目的に応じたさまざまな活躍が期待されています。 どのようなところに就職できるかは、卒業した学校の特色によっても変わってきます。


もそのため、自分が働きたいと願っているような施設への就職が広く行われている学校なのかどうか、 入学前に調査してみるとよいでしょう。 おすすめの学校の特徴としては、学校と卒業生のつながりが強いところ、病院などの就職先と直接話し合いの場を持てる就職ガイダンスが充実しているところが良いでしょう。 また、就職先を決める前に実際にその病院や施設に出向き、環境や雰囲気、どのような人を支援することが主な仕事になるのかなどを事前に確認しておくと良いでしょう。


リハビリテーションの中でもどのような分野がメインとなるかによって、日々の業務も変わってきますし接する患者の層も変わります。 また、共に働く人々がどのような専門職の人かによっても大きく変わるでしょう。 国家試験までの準備期間の間に自分がなりたい理学療法士のイメージをしっかり構築することが後悔しない就職の近道といえるでしょう。